FP

【FP】あなたの「家計を見える化+改善する」ファイナンシャル・プランニングの3つの方法

こんな方におすすめ

「気づいたら  
貯金が減っている…」

 「月の収支が   
ザックリしかわからない…」

「将来どのくらいのお金が 
必要かわからない…」

そんなお悩みに答えます。

私は美容業・物販業・不動産業などに
クラウド会計・人事労務ソフトの
導入・運用のコンサルティングや
Web制作、FPなどを行っています。

また、2級ファイナンシャル・プランニング
技能士や簿記1級の資格を持っています。

この場合は、次の3つのSTEPで

あなたの収支を把握することが大事です。

「月の収支」の見える化

② 将来の「ライフイベント表」

③ 現在〜将来「キャッシュフロー表」

それぞれについて説明していきます。

「月の収支」の見える化

まずは「月の収支」を見える化します。

この時に「固定」「変動」で分けることが

とても大事です。

実際の作成方法や分析の仕方や

「グラフ化できるExcel表」の提供、

家計簿アプリを使った自動集計 などは

ココナラにてご案内させていただきます。

       ▼

FPがあなたの「家計を見える化」します あなたの家計の改善とライフプラニングに役立ちます!

ドコモユーザーなら広告が表示されない
「スマー簿」がおすすめ

次に将来の「ライフイベント表」を

つくっていきます。

▲目次へ戻る

将来の「ライフイベント表」

「月の収支」の見える化ができましたら

今度は、あなたの将来に発生する

「ライフイベント表」をつくります。

ライフイベントは人によって違います。

1つの例として、次のようなイメージです。

ライフイベントは人それぞれですが

支出のなかでも「人生の三大支出」

といわれているのはこちらです。

住宅資金

教育資金

老後資金

「ライフイベント表」で、あなたが

将来に必要なお金を把握できましたら

現在〜将来の「キャッシュフロー表」を

つくっていきます。

▲目次へ戻る

現在〜将来
「キャッシュフロー表」

「月の収支」と「ライフイベント表」から

あなたの現在〜将来の収支について

「キャッシュフロー表」をつくります。

イメージはこちらです。

なお、貨幣には時間価値がありますので

運用率や物価上昇率などを係数表を使って

金額に反映させる必要があります。

最終的に、このキャッシュフロー表をもとに

あなたが将来に必要なお金を確保するための

収入アップ、支出ダウン、リスク回避の保険

などの対策を行います。

FPがあなたの「家計を見える化」します あなたの家計の改善とライフプラニングに役立ちます!

▲目次へ戻る

東急カード